親知らず外来

親知らず

親知らずとは?

親知らずとは、永久歯が生えそろった後、20歳前後に奥歯の一番後ろから生えてくる歯のことです。人によっては生えてこない場合もあります。基本的に、痛みもなく、正しい方向に生えてきており、問題なく歯磨きができて隣の歯に支障がない場合には、抜歯する必要はありません。条件次第では、将来の歯牙移植(抜歯部分に歯を移植する手術)に使用できる場合もあります。

ただし、斜めや横向きなどに生えてきているために、痛みが生じたり歯茎が腫れたり、隣の歯が虫歯になったりする場合には、抜歯を検討しなければいけません。また、妊娠すると抗生物質や麻酔などの使用が制限されてしまうため、女性の場合には妊娠前の抜歯を検討されることをおすすめします。

親知らずの抜歯を検討した方がいいケース

  • 痛みや歯茎の腫れなどの症状がある
  • 斜めや横向きなどに生えてきて、歯と歯茎の間に隙間ができ、食べ物が溜まる
  • 歯磨きがしづらいので、親知らずや隣の歯が虫歯になっている
  • 噛み合わせに悪影響を与えている
大阪ITRデンタルクリニック ~大阪審美再生インプラントセンター併設~ ~マイクロスコープ精密根管治療センター併設~ ~大阪セラミック美容歯科併設~ Tel.06-6455-2250 お問い合わせはこちら 受付時間 10:00~14:00/16:00~22:00 休診日…なし 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目1-3 大阪駅前第3ビル1階