2016.06.24更新

インプラント治療でよく『寝ている間に治療できる為、怖くない。嘔吐反射のある方も安心』や『麻酔医が手術中、全身管理します』と宣伝されていることがあります。
これらは、静脈内鎮静法または全身麻酔の説明になります。
鎮静法、全身麻酔はインプラント手術や治療時間が長くなる処置を行うにあたり、患者様へのストレスや恐怖心の強い方へ負担なく行う麻酔です。

それでは、詳しく麻酔についてご説明します


○静脈内鎮静法
痛みを和らげ、リラックスする作用のある薬を血管に投与します。
これにより、手術時の痛みや不安感、ドキドキ感を和らげます。
恐怖心が強い方でも安心して治療が受けられます。
眠くなりますが、しっかり呼吸をしていて意識もあります。
「健忘作用」があるため、治療中の不快な事を覚えていないことが多いのですが、体調に異常が起きた時には、患者様は症状を訴えることが可能で、歯科医師は状況を把握し、対処することが出来ます。
呼吸器や循環器は安定しています。
当院では主に麻酔液ドルミカムや拮抗薬であるアネキセートを使用します。
麻酔液の量で回復時間は異なりますが、術後は暫くゆっくりしていただいてからご帰宅いただいてます。


○全身麻酔法
麻酔液が中枢神経に直接作用する為、意識が無くなるだけでなく呼吸も浅く、麻酔液の量によっては止まります。
患者様が体調に異常が起きても訴える事は出来ません。
静脈内鎮静法に比べると、より高度な技術、設備、管理が必要となります。
一般歯科治療の領域で全身麻酔を行う事は大変少ないです。
術後の回復に数時間かかる為、治療完了からご帰宅までかなりのお時間を要します。
当院では、余程の場合のみ対応致しますが、一般的な治療や手術では対応していません。

 

インプラント手術で行う麻酔は、主に局所麻酔と伝達麻酔で出来ます。
恐怖心が強い方や、嘔吐反射の強い方などに、希望者には局所・伝達麻酔に加え静脈内鎮静法を行います。
インプラント手術は約30分から2時間程度時間がかかります。
長時間の手術の場合、負担がかかりやすいので静脈内鎮静法を希望される患者様が多いです。

その他、障がい者や有病者の方への歯科治療に静脈内鎮静法を行い、スムーズに治療が行えます。


麻酔についてご質問がございましたら、下記まで御連絡下さい。


大阪審美再生インプラントセンター
大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル1階
06-6455-2250
http://www.implant-dental.jp/

お電話又はHPにて24時間予約受付中

 

 

投稿者: 大阪ITRデンタルクリニック

大阪ITRデンタルクリニック ~大阪審美再生インプラントセンター併設~ ~マイクロスコープ精密根管治療センター併設~ ~大阪セラミック美容歯科併設~ Tel.06-6455-2250 お問い合わせはこちら 受付時間 10:00~14:00/16:00~22:00 休診日…なし 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目1-3 大阪駅前第3ビル1階